本文へスキップ

      
   
  〒657-0029  兵庫県神戸市灘区日尾町3丁目1-25
                                         サンハイツ六甲501

                                      TEL.078-821-6610

 

NO2,NOx 分析操作方法

概 要

捕集が終わったろ紙から、抽出操作にしたがって得られる抽出液中の亜硝酸イオンを以下の
操作で吸光光度分析します。
曝露させていないブランクろ紙の抽出液及び、あらかじめ調製した亜硝酸イオン
標準液も、同じ操作で吸光度を測定して、検量線を作成します。


注 意 点

この吸光光度法を自動化したフローインジェクション分析装置を利用すれば
水は、イオン交換水、蒸留水、純水、超純水を使用して下さい。
高精度で迅速な分析が可能です。

器具は必ず水で洗浄した後使用して下さい。


操 作 手 順

       抽出液 又は 亜硝酸イオン標準溶液 8ml 

              ↓

          冷蔵庫で2~6℃に冷却します 

           添加 ↓ ← 発色試薬溶液 2ml

         冷蔵庫でさらに30分間放置します       注)1

              ↓

            温室に戻します            注)2

              ↓

       吸光光度計の545nm付近の吸光度を測定する   注)3


注)1  発色反応の間,冷却するのは,NOx抽出液に含まれている
     PTIOの発色反応への妨害を除去することが目的です。
     PTIO自身が発色試薬と反応して比較的高いブランクを示します。
     また、その時の吸光度は時間とともに上昇します。
     その吸光度の経時的な上昇は冷却することでかなり抑制することができます。

注)2  吸光度の測定は温室で行わなければなりません。そのために、冷蔵庫から取り出した後は
     水またはお湯につけて速やかに温室に戻して下さい。

注)3  温室にした後はできるだけ手早く吸光度の測定を行って下さい。
     吸光度測定に要する時間を考慮して、適当数づつ温室に戻して下さい。